ライバルと差をつけろ 名刺を作ると有利になる

就活の際には、インターシップや店舗見学、工場見学、会社訪問、セミナーなどに参加する時もあります。

その時に、社会人の人と名刺のやり取りをすれば内定を獲得しやすくなります。

・名刺とは縁を大事にしたい気持ちを伝える事

就職活動において名刺を作るべきか迷う人も多いです。

特に学生の場合、学生なのに社会人に名刺を渡すような事をしては生意気に思われるのではないか、と不安になる人もいます。

しかし、大事な事は「お会いできて光栄です。あなたとの縁を大切にしたいです」という気持ちを相手に伝える事にあるのです。

つまりは名刺とは相手との縁を大事にする気持ちを表す手段と言えます。

縁を大切にしたい、という気持ちが相手にも伝われば、印象は良くなります。名刺の裏側にでも感謝の言葉などのメッセージを書いてから、渡すのもいいでしょう。

名刺を渡す時には相手が受けやすい状況を見計らう事が大事になります。

そして礼儀正しく挨拶して、自己紹介をする事が重要です。名刺を渡せば相手社員からも名刺をもらえるチャンスがあります。

その後にメールのやり取りができるようになる可能性もあるのです。

ライバルとの差別化をする事ができます。

・名刺のデザインは普通がいい

名刺のデザインで大事な事は氏名、大学、連絡先などが正確に相手に伝わり見やすくて、分かりやすいデザインにする事です。

その事からデザイン的に凝っている名刺を渡すよりは、一般的なビジネススタイルのものがいいでしょう。

基本的な事を言えば白もしくはオフホワイトのオーソドックスな大裁の名刺にする事です。可能ならば顔写真を載せておく方がいいです。

社会人に渡すのに最適なデザインを相談する事も可能です。

費用は100枚当たりで3000円から5000円ほどになります。なおパソコンが得意な人なら、綺麗に印刷できるプリンターをかまえて、名刺作成ソフトを使うのもいいでしょう。

印象を良くするための工夫としては例えば名刺の表側の余白の部分、あるいは裏面に感謝や決意の言葉を書いて渡す。

もしくは名刺の表側の余白あるいは、裏面に自己PRの文章を簡潔に書いてから渡すようにするなどがあります。

また、就活で知り合った学生と名刺交換する事もあるかもしれませんが、個人情報を知られる事が嫌な場合もあります。

その時には氏名、大学、フリーメールのアドレスだけを書いた簡略版の名刺を作っておいてそれを渡すようにします。

就活では有利に運ぶためにいろいろな事ができますが、名刺も武器になるので、用意しておくといいでしょう。