就活や転職に失敗した後に待ち受ける運命は過酷そのもの

就活における電話のマナーについて

昨今、就活における連絡手段は、Webやメールが主流となっています。

 

そのせいか、電話が苦手という人は少なくありません。

 

就活における電話のマナーのポイントは、以下のとおりです。

 

一つ目は、「明るい声で、落ち着いて話す」。

 

電話でのやり取りは、相手の顔が見えないので、声のトーンや話し方などで、イメージが大きく左右されます。

 

ですから、暗い声で早口だったりすると、それだけで悪いイメージを持たれてしまいます。

 

まず、姿勢を正しくしましょう。

 

うつむき加減で話すと暗く聞こえますし、背筋を伸ばして話すと明るく聞こえます。

 

次に、気持ちを乗せましょう。

 

気持ちにより、声の調子は変わってきます。

 

その変化は、意外と伝わるので、明るい気持ちで話しましょう。

 

二つ目は、「言葉遣い」。

 

「ありがとうございます」「恐れ入ります」「失礼いたします」などの言葉がとっさに出て来るかどうかで、大人っぽく見られるのか、子供っぽく見られるのかが決まります。

 

とはいえ、急に遣うと早口になったりどもったりするので、普段から練習しておきましょう。

 

三つ目は、「話す内容を予習しておく」。

 

企業に電話をかける際は、「氏名を名乗る」「担当者に取り次ぎをお願いする」「要件を話す」「電話を切る」という流れで行います。

 

これをメモに書いておくと、万全の態勢で臨むことができます。

 

また、要件もメモに書いておきましょう。

 

考えながら話すとまとまりにくくなるため、相手は何が言いたいのか分からなくなってしまいがちです。

 

電話を掛けた際に担当者がいない場合は、いつ戻って来るのか尋ねて、次の機会を待ちます。

 

すぐ戻って来るのであれば再びかけ直し、長くかかりそうなら伝言を頼むなどしましょう。

 

伝言を頼む際ですが、なるべく人事の人にお願いしましょう。

 

同じ部署の人のほうが、話が伝わりやすいからです。

 

また、複雑もしくは重要な要件の場合は、内容を復唱するなど、確認を怠らないようにしましょう。

 

四つ目は、「電話は正しく受ける」。

 

電話は、こちらからだけでなく、相手からかかって来ることもあります。

 

まず、ビジネスの場では、「もしもし」は使いません。

 

「はい○○です」と明るい声で名乗ります。

 

その際にメモが必要になることもあるので、すぐに出せる所に入れておきましょう。

 

相手が指名を名乗ったらこちらも挨拶をし、要件を聞きます。

 

電話が終わったら切りますが、注意点は「ワンテンポ置いてから切る」ということです。

 

特に固定電話だと、受話器を置く音が聞こえがちなので、気を付けましょう。

 

就活始め方.com

page top