転職では即戦力となり得る理由を大きくプレゼンテーション

この日本でも数年間で仕事を変える人が増え、人材不足で頭を抱える企業も増えてきました。

つまり売り手市場と言われる現代において、ご自身の過去の経験をしっかりと伝え、即戦力として活躍してくれるだろうと面接官に感じてもらう事が重要です。

面接は履歴書や職務経歴書と、自分の口から伝える内容がプレゼンテーションの様に戦略的に行う必要があります。

そして時には、過去の経験を大きく伝える事も重要で、相手により興味を持ってもらえる様な内容を伝えてみましょう。例えば、過去の経験の中での実績をまずは数字で伝える努力をしてみましょう。

営業職であれば売り上げの達成度合い、人事職であれば退職率の低下、製造業であれば納品までのリードタイムの短縮等、日々の仕事を数字で表現する事は難しい事ではありません。

何を数字で伝えれば面接官により魅力的に感じたもらえるかという視点を持って、日々の業務を数字で表現してみましょう。

そして、日々のメインの業務以外にも何かプロジェクトを任された事や、何か新しい事をローンチした経験があれば、それも記載したり、面接で伝える様にしましょう。

一から新しい物を作りだす事や、社内のチームメンバーと何かを始めたという経験は時に大きなポイントとなる事があります。

プロジェクトの詳細から、ご自身の役割、そして期待されていた結果に対しての達成度等をまとめておく事で、一つのプレゼンテーションが完成するでしょう。

今度、この人に何かプロジェクトを任せても良いだろうと思わせる事で、日々様々なプロジェクトを抱える企業の場合には大きな効果が出るでしょう。

そして書類でご自身をプレゼンテーションをする上で、写真は書類選考での影響力が大きいと考えましょう。

近年はスマートフォンで写真撮影が出来るという事もあり、自分で証明写真を撮影する人が多い中、必ず写真館やスタジオで写真撮影をする事をお勧めします。

プロによる写真と、スマートフォンで撮影した写真には大きな違いがあり、書類選考での印象に大きな影響を及ぼす事でしょう。

書類選考では、写真と書かれた経歴が全てとなり、あなたの変わりとなってあなたをプレゼンテーションしてくれる重要なツールと考える様にしましょう。

この様に、書類の作成から、面接でのプレゼンテーションまで、面接の前には事前にしっかりとした準備をしておき、面接へのぞむ事が重要です。

あなたが持つ経験やスキル、そして情熱をより具体的に伝える事が出来る様なプレゼンテーションを完成させておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です